TOP >  キャベツダイエット

キャベツダイエットとは

キャベツダイエットとは、食事の前にキャベツを食べるという、いたってシンプルなダイエット方法です。


キャベツダイエットは、みのもんたの番組「おもいっきりテレビ」(日本テレビ系列)で紹介されて有名になりました。


キャベツダイエットは、朝・昼・夜の食事前に、キャベツ約6分の1個を生のまま、千切りでもザク切りでもいいので食べやすく切って、サラダにして食べてから普通に食事を取ります。
先に、お腹に食物繊維をとって、満腹感が早く来るようにしているわけです。


ダイエット効果があるからといって食べ過ぎには注意!食べる量は腹8分目までとしましょうね。


生のキャベツだけでは、味が寂しいイ人は、オイルの入っていないドレッシングやレモン果汁などををかけて食べるのがよいですね。


キャベツはローカロリーなので、キャベツを食事の前にとることで摂取カロリーを抑えることができますし、また、生のキャベツはしっかりと噛む必要があるために満腹中枢が刺激されやすくなり、痩せやすくなります。


キャベツダイエットは、3ヵ月続けて4〜10kg痩せたという人もいるほど、簡単な割りに効果の高いダイエット方法です。

関連エントリー

キャベツダイエットとは   キャベツダイエットの効果の秘密  
    • seo